AV嬢完全プロデュースの人気店『にゃんパイア』初体験

公開日: 

にゃんパイア

福原ソープ街は新旧店舗の入れ替わりの激しい激戦地区で、新しくオープンする店舗は現代的で斬新なアイデアが満載なお店が多くて楽しめます。
こういった街の新陳代謝がいつまでも錆びれない福原の魅力で、若い男性客が後を絶たないのも納得がいきます。
本日福原ソープ体験で取り上げるのは、最近オープンした『にゃんパイア』。小さな店舗ながら超個性的なソープランドです。

なんと現役AV嬢が完全プロデュースしてママを務める異色のお店!!

全国的に見てもAV嬢がコンパニオンを兼任しているお店はいくつかありますが、このパターンは聞いたことがありません。
コンセプト通りの店舗つくりであり、どこから見ても男性のセンスではないという部分がそこらかしこでうかがえる面白いソープ店です。

お店の印象

全体的にはカジュアルというより「ポップ」という表現が正しいでしょう。
そして大衆店の中でもリーズナブルな位置づけながら、キャストのレベルが信じられないくらいに高いのに驚かされます。
美形揃いの店舗は多くありますが、キャストの選別に女性が関わっているからか、同じ美形でも男性の選ぶそれとは一味違います。
在籍もそこそこはいますが、ここはオープン当初からから怒涛の集客に成功しており、口コミでもかなりの高評価を獲得しています。
システム的には3段階で朝・夕方・夜と80分コースで言うと21000円・24000円・26000円となり、これに写真指名が1000円プラスします。
キャンペーンやイベントが非常に多いのでホームページにてその都度チェックしたほうがよさそうです。
ホームページの合言葉をいうと3000円OFFになるコスパの高い店舗です。
今回もちろん初登楼になりますが、正直「こんなのほんとにいるのか?」と言いたくなるくらい美形でスタイルの良いU嬢を予約しました。

サービス・感想

受付を通って待合に行くと狭いスペースに5人先客がいて驚きました。
そこで全額支払いを済ませて10分で案内。
煙たい待合から脱出しました。
案内後、階段のところで対面しましたが、まさかのパネマジ無しの美女でした。
年齢22歳もおそらくそのままでしょう、肌がピチピチしています。
あまりに美形過ぎてこちらが緊張してしまうレベルです。
個室もあまり広くはありませんが清潔で可愛らしい部屋です。
U嬢は見た目に反して気さくで非常に丁寧なしゃべり口調で、好感が持てました。
脱衣してのボディ洗いは意外とテクニシャンでフェラも上々です。
風呂で歯磨きをしてベッドインして本格プレイです。
ビジュアルで売る店舗はサービス地雷が多いといいますが、にゃんパイアでは全くそういったこともなく、本当に頑張ってサービスをしてくれました。
この店のオプションの目隠しフェラは初体験ですが病みつきなりそうなくらいの快感です。
ゴム付で2回発射でフィナーレを迎えました。
文句の付けどころのない内容で、次回指名を約束すると名刺をもらい、キスの嵐の中お見送りとなりました。
この先凄い有名店になる予感がする、注目のソープ店でした。

福原ソープでキャストから嫌われる福原ならではの要因

公開日: 

西日本最大規模のソープ街である神戸の福原ソープ街では、連日多くの男性がソープランドを利用して、女性とのひとときの触れ合いを楽しんでいます。
ソープ遊びの成否を分けるのは、接客してくれるキャスト次第というのが大きく、お金を払うお客の立場とはいえ「いかにキャストのご機嫌を伺うか」というのも大きな要因でしょう。
そこで、福原のソープでやってしまうとキャストから嫌われやすいことについて、解説してみましょう。

◆ 似非関西弁で喋る

昨今、東京でもテレビなどを通じて関西弁を耳にすることは当たり前となっています。
そんな中で関西圏の方以外でも関西弁がつい口に出てしまうということもあるかもしれませんが、大抵そういう関西弁はアクセントが違っていたりするもの。
そして、それが関西弁を普通に使う大阪や兵庫などのあたりはやたら気に障るというのです。
福原のソープ嬢も、接客をしていて東京などからの出張で福原を訪れるお客さんの似非関西弁は気になるようで、「場を和ませようという思惑は理解できるけど……」なというのが本音のようです。

◆ 服のセンスが変

神戸はオシャレな街というのが世間一般の認識で、昔から外国文化と隣合わせの街であるがゆえに、そこには独特の雰囲気がある観光都市の一つです。
住人も神戸という街に誇りを持っている方が多いので、そこに違和感を覚えさせるような人というのは街を歩いていても目立つものです。
そんなこともあり、よその地域のソープでも基本服のセンスが変な人は嫌われやすいのですが、福原ではその傾向がやや強めと言われています。
地元神戸の女性も多く働いている福原のソープでは、出来る限り無難なカジュアルファッションで行くのが良いかもしれません。

◆ がっつきすぎる

福原のソープは安い店が多いとはいえ、それでも2万円前後の出費が必要になる高い風俗遊びです。
そんな高額料金の元を取ろうと時間内にあれもこれもとサービスを要求する男性は少なくありません。
こういった客は、どこのソープでも嫌われるものですが、福原は特にこういった客は毛嫌いされるようです。
大阪に近い福原ソープでは、電車に乗って大阪から遠征してくる方も多いのですが、大阪人気質なのかこういうがっついたお客さんは頻繁に見かけるそうです。
福原では、余裕を持ってより紳士的な振る舞いを心掛ければ、キャストからの好感度も上がりやすいのかもしれません。

福原のソープなればこそ嫌われるという要素を挙げてみましたが、口調や服装、態度というわりと当たり前な部分の影響が大きいのは、他の地域と違いはないようです。
福原ソープで遊ぶ際には、やはり「普通」を心掛けていくのが一番ということでしょうか。

利用者激増中! 早朝の福原ソープならお得に遊べる!

公開日: 

最近、全国のソープで注目されているのが「朝活風俗」と呼ばれるもの。
一部のソープ好きの間では、ゴールデンタイムと言われる夜の時間帯ではなく、早朝にソープで遊ぶことが人気となっているのです。
福原でもそのブームが来ていて、大衆店などの早朝割をやっている所などでは、朝から多くのお客さんで賑わうことも珍しくありません。

◆ 早朝ソープのメリット

1.料金がかなり安くなる

早朝ソープは、どこのお店でも基本的に普通に遊ぶよりもかなり割安になっています。
割引イベントなども常に行われていますし、お店によっては先着順で通常よりもはるかに割引率が高くなることも。
普通の割引よりも大胆に割り引いてくれることが多いので、料金的にもお得なのです。

2.どの子も口開けを狙える

風俗用語で、その日最初の接客をすることを口開けと言いますが、これを狙いやすいのも早朝ソープの魅力です。
男性側からの気分からすれば、その日に何人もの接客をした後のキャストというのはあまり気分の良いものではありません。
疲労でサービスが悪くなったりということもありませんし、気分良く遊ぶことが出来るというわけです。

◆ 早朝の福原ソープ街は人通りはほぼ無いけれど…

早朝ソープが流行っているとはいえ、早朝の福原ソープ街は人通りはとても少なく、決して流行っているようには見えません。
実は、早朝ソープを利用する方は事前にネットなどを使って遊びたいお店を決めてから利用するため、街をうろうろしてお店を決めるということがありません。
街中に人気が無くても、お店に入ったら待合室が混んでいるということもよくある話なのです。
人目につかずにお店に行くことも可能ですから、そういったものも早朝ソープのメリットです。

◆ 割引率が高いのはココ!

早朝割をしている福原ソープは多いのですが、その中でも比較的割引率が高く、お得に遊べるお店というのは次のお店です。

1.『クラブロイヤル』

6:00~9:00までの案内で、プラチナ・VIPコースが5,000円オフ。

2.『クランベリー』

6:00~8:59までの案内で、6,000円オフ。
9:00~11:59までの案内で、4,000円オフ。

3.『エターナル』

平日日の出~12:00までの案内で、5,000円オフ。

特に割引率が高いのがこれらのお店ですが、他にも様々なお店で3,000円前後の割引が行われています。

夜のイメージが強いソープランドですが、早朝のソープというのも気分が違って良いものです。
普段のお店でも朝と夜では雰囲気が違うということもあるので、そういった部分も楽しんでみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑