AV嬢完全プロデュースの人気店『にゃんパイア』初体験

公開日: 

にゃんパイア

福原ソープ街は新旧店舗の入れ替わりの激しい激戦地区で、新しくオープンする店舗は現代的で斬新なアイデアが満載なお店が多くて楽しめます。
こういった街の新陳代謝がいつまでも錆びれない福原の魅力で、若い男性客が後を絶たないのも納得がいきます。
本日福原ソープ体験で取り上げるのは、最近オープンした『にゃんパイア』。小さな店舗ながら超個性的なソープランドです。

なんと現役AV嬢が完全プロデュースしてママを務める異色のお店!!

全国的に見てもAV嬢がコンパニオンを兼任しているお店はいくつかありますが、このパターンは聞いたことがありません。
コンセプト通りの店舗つくりであり、どこから見ても男性のセンスではないという部分がそこらかしこでうかがえる面白いソープ店です。

お店の印象

全体的にはカジュアルというより「ポップ」という表現が正しいでしょう。
そして大衆店の中でもリーズナブルな位置づけながら、キャストのレベルが信じられないくらいに高いのに驚かされます。
美形揃いの店舗は多くありますが、キャストの選別に女性が関わっているからか、同じ美形でも男性の選ぶそれとは一味違います。
在籍もそこそこはいますが、ここはオープン当初からから怒涛の集客に成功しており、口コミでもかなりの高評価を獲得しています。
システム的には3段階で朝・夕方・夜と80分コースで言うと21000円・24000円・26000円となり、これに写真指名が1000円プラスします。
キャンペーンやイベントが非常に多いのでホームページにてその都度チェックしたほうがよさそうです。
ホームページの合言葉をいうと3000円OFFになるコスパの高い店舗です。
今回もちろん初登楼になりますが、正直「こんなのほんとにいるのか?」と言いたくなるくらい美形でスタイルの良いU嬢を予約しました。

サービス・感想

受付を通って待合に行くと狭いスペースに5人先客がいて驚きました。
そこで全額支払いを済ませて10分で案内。
煙たい待合から脱出しました。
案内後、階段のところで対面しましたが、まさかのパネマジ無しの美女でした。
年齢22歳もおそらくそのままでしょう、肌がピチピチしています。
あまりに美形過ぎてこちらが緊張してしまうレベルです。
個室もあまり広くはありませんが清潔で可愛らしい部屋です。
U嬢は見た目に反して気さくで非常に丁寧なしゃべり口調で、好感が持てました。
脱衣してのボディ洗いは意外とテクニシャンでフェラも上々です。
風呂で歯磨きをしてベッドインして本格プレイです。
ビジュアルで売る店舗はサービス地雷が多いといいますが、にゃんパイアでは全くそういったこともなく、本当に頑張ってサービスをしてくれました。
この店のオプションの目隠しフェラは初体験ですが病みつきなりそうなくらいの快感です。
ゴム付で2回発射でフィナーレを迎えました。
文句の付けどころのない内容で、次回指名を約束すると名刺をもらい、キスの嵐の中お見送りとなりました。
この先凄い有名店になる予感がする、注目のソープ店でした。

精神が安定してそうな風俗嬢にお願いしたい

公開日: 

ソープ嬢はときどきぐらいの確率にて、精神が安定していなさそうな女の子に当たるのですよね。僕自身がソープなどの風俗を利用するには、20代と若めということもあるのかも知れませんが、見た目と生活がしっかりしていそうなところからなのか、結構ストーカーチックにのめり込まれることがあるのですよね。その分サービスがいいのはありがたいのですが、けれどもやっぱり仕事は仕事だと割り切って欲しいですよね。

ですから、そのような場合には本名や住んでいるところなどは、絶対に漏れないようにしています。それこそ学生のときは結構ポロポロと、嬢に話をふられるままに答えてしまっていましたからね。ですから今思えば、ツバ漬けとけぐらいの感じなのか、とくに若いデリヘル嬢にはストーカーチックに燃え上がられたことはありましたね。

風俗利用をはじめた当初こそは、プライベートでのお付き合いはラッキーぐらいに思っていたのですが、ちょっと言葉は悪いのですが、日中の仕事の女の子たちに比べますと、結構燃え上がり方がディープだったりしますので、そのうち恐怖を感じるときもあるのですよね。

ですから、とある一件以来はソープにしたりもしているのですが、けれどもときどきやっぱり当たってしまうのですよね。

ソープを利用したら新鮮さを感じた

公開日:  最終更新日:2016/05/16

久しぶりにソープを利用したら、なんだか凄い新鮮な感じがありましたね。
フィニッシュがバックでついていったものですから、自ら腰を動かしていくというのはあまりなかったので、なんだか久しぶりにセックスをしたなという感じがありました。
風俗にはまった頃というのは、セックスが楽しくて仕方がなかったのでソープでばかり遊んでいたのですが、段々と飽きてしまい料金も手頃なヘルスなどを利用するようになりました。

ヘルスの場合本番がありませんから、最初は物足りなさを感じていたものの素股や手コキなどで行かしてもらうことができるのがとても楽なもので、ただ横になっているだけで気持ちよくしてもらうことができるのは悪くないなと思うようになったのです。
その内、セックス自体がそれほど興味がなくなり気持ちよくしてくれるのであれば何でも良いやと思っていたのですが、行きつけのヘルスに行った時にお気にの子が急遽欠勤ということだったので、その店を後にして近所にあったソープに久しぶりに入ったのです。

そこで、久しぶりの挿入を楽しんだわけですが、自分で動くのは面倒みたいに思っていたもののやはり女性の膣というのは気持ちの良いもので、本番も良いものだなと妙な新鮮さを感じたのでした。

1 2 3 4
PAGE TOP ↑