AV嬢完全プロデュースの人気店『にゃんパイア』初体験

公開日: 

にゃんパイア

福原ソープ街は新旧店舗の入れ替わりの激しい激戦地区で、新しくオープンする店舗は現代的で斬新なアイデアが満載なお店が多くて楽しめます。
こういった街の新陳代謝がいつまでも錆びれない福原の魅力で、若い男性客が後を絶たないのも納得がいきます。
本日福原ソープ体験で取り上げるのは、最近オープンした『にゃんパイア』。小さな店舗ながら超個性的なソープランドです。

なんと現役AV嬢が完全プロデュースしてママを務める異色のお店!!

全国的に見てもAV嬢がコンパニオンを兼任しているお店はいくつかありますが、このパターンは聞いたことがありません。
コンセプト通りの店舗つくりであり、どこから見ても男性のセンスではないという部分がそこらかしこでうかがえる面白いソープ店です。

お店の印象

全体的にはカジュアルというより「ポップ」という表現が正しいでしょう。
そして大衆店の中でもリーズナブルな位置づけながら、キャストのレベルが信じられないくらいに高いのに驚かされます。
美形揃いの店舗は多くありますが、キャストの選別に女性が関わっているからか、同じ美形でも男性の選ぶそれとは一味違います。
在籍もそこそこはいますが、ここはオープン当初からから怒涛の集客に成功しており、口コミでもかなりの高評価を獲得しています。
システム的には3段階で朝・夕方・夜と80分コースで言うと21000円・24000円・26000円となり、これに写真指名が1000円プラスします。
キャンペーンやイベントが非常に多いのでホームページにてその都度チェックしたほうがよさそうです。
ホームページの合言葉をいうと3000円OFFになるコスパの高い店舗です。
今回もちろん初登楼になりますが、正直「こんなのほんとにいるのか?」と言いたくなるくらい美形でスタイルの良いU嬢を予約しました。

サービス・感想

受付を通って待合に行くと狭いスペースに5人先客がいて驚きました。
そこで全額支払いを済ませて10分で案内。
煙たい待合から脱出しました。
案内後、階段のところで対面しましたが、まさかのパネマジ無しの美女でした。
年齢22歳もおそらくそのままでしょう、肌がピチピチしています。
あまりに美形過ぎてこちらが緊張してしまうレベルです。
個室もあまり広くはありませんが清潔で可愛らしい部屋です。
U嬢は見た目に反して気さくで非常に丁寧なしゃべり口調で、好感が持てました。
脱衣してのボディ洗いは意外とテクニシャンでフェラも上々です。
風呂で歯磨きをしてベッドインして本格プレイです。
ビジュアルで売る店舗はサービス地雷が多いといいますが、にゃんパイアでは全くそういったこともなく、本当に頑張ってサービスをしてくれました。
この店のオプションの目隠しフェラは初体験ですが病みつきなりそうなくらいの快感です。
ゴム付で2回発射でフィナーレを迎えました。
文句の付けどころのない内容で、次回指名を約束すると名刺をもらい、キスの嵐の中お見送りとなりました。
この先凄い有名店になる予感がする、注目のソープ店でした。

ソープ嬢情報をネットから仕入れるときの注意点

公開日: 

現代のソープ遊びの基本は、「インターネットを活用して情報を集めること」です。
昔のようにいきあたりばったりで店に入り、何回も失敗を重ねながら自分で良い店とそうでない店の見極め方を覚えていく・・・といったことは必要ないのです。

またソープ店側もネットでの宣伝が主力となっているので、風俗情報誌やスポーツ新聞などを買う必要もありません。
しかし、インターネットは万能ではありません。
ネットを使う場合でも、それなりの情報リテラシー(真実の見極め能力)が必要になり、様々な注意点を知っておくことが大切なのです。

●ホームページは事務的な情報だけを集める
ソープ店が配信している、店舗のホームページは、料金や姫写真・アクセス方法など必要な情報をたくさん入手することができます。
しかし、自社ページであるだけにマイナス点が書かれていません。
これはソープランドだけではなく、どんな業種にも通じることです。
なので、ホームページを閲覧することはソープ店と姫情報を得るための基本ですが、事務的な情報だけを集めるだけにとどめておきましょう。

ソープ店は宣伝のために「高級」「地域NO.1」「極上の姫多数」などといったコピーをたくさん書いていますが、雰囲気に飲まれないような冷静さが必要です。

●比較サイト
以前、風俗遊びの情報収集の要でもあった風俗情報誌は、現在では「比較サイト」「ポータルサイト」「風俗情報サイト」としてネットに活動場所を移しています。

こういったサイトは”各店の比較”というのが前提となっていますが、これはあまり当てにはなりません。
たしかに、ソープ店の自社ページよりは多少の比較はできますし、一つの比較サイトを押さえておけばソープ街全体のことを知ることができたり、あるいは現地で店探しをする際などには非常に役立ちます。

しかし、比較サイトのほとんどは、各ソープ店と提携しているので、マイナス要因を書くことはありません。
人気店や人気嬢も一定期間で順番に紹介しているような感じなのです。

●口コミサイト
口コミサイトは、実際に店で遊んだお客がネット上から投稿をしているので、一定の信用性はあります。
店のサービスの良し悪しや、地雷嬢の情報、あるいはゴムなし(NN、NS)のことなど、有益な情報が満載です。
しかし、気をつけたいのがそれらの情報はあくまでも”個人の感想”であるということです。

「ソープ嬢の態度が悪かった」といった口コミなどはつい目が行きがちですが、実際には投稿しているお客のマナーが最悪で、それに腹を立てたソープ嬢や店側の対応が悪くなったということも少なくないのです。
こういったことを”差し引いて”考察することが、口コミ情報を見るときに大切なことです。

●SNS
ツイッターや2ちゃんねる(5ちゃんねる)、爆サイなど多くのSNSが現在流行し、ソープランド情報もかなり挙げられているようです。
SNSは口コミ情報よりもさらにかんたんにネット配信をすることができるので、有益情報をリアルタイムで知ることができるツールです。

しかし、これも口コミサイトと同様、偽情報もたくさん含まれています。
中には、店に行ってもいない者がイイネやアクセス欲しさに知ったかぶり情報を書き込んでいるのもよく見かけます。
こういった軽い情報に振り回されないように注意したいものです。

●まとめ
今回はネットでソープランド情報を集める際の注意点を列挙しましたが、それでもやはり現代のソープ遊びにおいてネットは必要不可欠なものです。

嘘のない公平で正しい情報のみを見分ける能力を身につけましょう。

神戸福原の噂・都市伝説・ガセネタ特集

公開日: 

ソープランドは一種謎のベールに包まれている部分があります。
なので昔から真偽のはっきりしない噂や都市伝説が絶えません。
神戸・福原のソープ街界隈でも昔からよもやま話があり、これからソープデビューをしようという夢のある若者たちを躊躇させてしまっているのです。

ここではあらぬ噂を世間の男性が信じ込んでしまわないために、福原ソープ街においての噂・都市伝説・ガセネタを徹底検証してみました。

●個室には監視カメラがついている

これは最も噂されるガセネタではないでしょうか?
それは「個室(プレイルーム)に監視カメラがついている」というものです。

これは全くの都市伝説であり、だいたいソープランドの運営がプレイの一部始終を監視などしようものなら、ソープ嬢が黙っていないでしょう。
福原ソープ街でもこういった噂は以前から聞かれますが、全くのたわごとなので、安心していいのです。
一部待合室には防犯のためにカメラを設置しているところはありますが、盗難防止が主な目的です。

●福原ソープ街は前科者が働いている

関西といえば、「ヤ○ザ」の印象が強いのか、福原では前科者がたくさん働いているという都市伝説を信じてしまう男性も多いようです。
これも根本的に否定ができる理由があります。

それは、福原のソープ店では、従業員(男性スタッフ・ソープ嬢)の名義をすべて警察署に届け出を出して営業許可を得ているのです。
もろに警察に従業員名簿を握られているわけですから、前科者ばかりを雇うなど目をつけられやすいことを経営者がするはずがないことは理解できるでしょう。

●ソープ嬢はどこかから売られてきている

福原のソープ嬢は、「借金のカタに売られてきている」というガセネタも今だに消えることがないようです。
これも完全にバイオレンス映画の見過ぎですね・・・。

前述したように、所属するソープ嬢は届け出義務があるために、そんな危険な人材を店が受け入れることはありません。
これは福原だけではく、日本国中のソープ街全てに共通することです。
今や素性のはっきりとしない女性はソープ嬢として働くことはできないのです。

また、日本でも不法滞在者が増えているとのことですが、基本的にソープ嬢は日本人もしくは永住者のみだけが働いています。

●女性芸能人の○○が昔働いていた

「女性芸能人の○○が昔働いていた」といったような都市伝説は、福原だけではなく全国のソープランドで噂されることです。
これに関しては、真偽は定かではありません。

とくに女優さんなどは売れない下積み時代のあった人が多いと聞きます。
生活費を捻出するために一時期ソープ嬢になっていた可能性は捨てきれないのです。

●男性芸能人御用達のソープ店がある

「男性芸能人の御用達ソープがある」という都市伝説が福原にはあります。
これは筆者も有力な筋から話を聞いていて、めずらしく”正しい情報”だと言えるでしょう。

大阪周辺ではお笑い芸人が多く福原を訪れていますし、全国区の有名男性芸能人もお忍びで福原を利用しているそうです。
東京で活躍する男性芸能人なら、地方都市で週刊誌などの追跡もゆるくなる、地方都市福原のソープを利用することは理にかなった行動だと言えます。

●まとめ

良くも悪くも噂や都市伝説の絶えない福原ソープ街ですが、それだけ多くの男性たちに注目をされている場所だとも言い換えられます。
ただしこれらの情報に振る舞わされて恐怖を感じてしまうのはいけません。
せっかくの男性のオアシスが近くにあるのに、ガセネタを信じて経験しないのは非常にもったいないことなのです。

1 2 3 4 5 8
PAGE TOP ↑