明確な価格表記で遊びやすい福原ソープ

公開日: 

人間は、昔から「未知への恐怖」というのは必ずあります。暗闇への恐怖、心霊現象への恐怖などなど、その例には枚挙に暇がありません。
迷信なんていうのもこうした未知への恐怖に対して何となく理屈をとって付けて知った気になることで、恐怖を誤魔化していたわけです。

そして、これは現代でも同じで、知らないことに対して及び腰になってしまうということは多いはずです。
分かりやすい所で言えば、高級料亭などで「時価」と書かれた料理でしょうか。そこまで高額にならないと思っても、ちょっと注文するには勇気が要ります。
これはソープランドでも同じで、ソープランドでは「入浴料」と「サービス料」と分かれているのが基本で、総額がわからないこともあります。

今でこそ法規制などもあってかなり真っ当な商売となっているソープランドですが、それこそ昭和末期や平成初期といったあたりではかなりブラックに近いグレーよりの店が多く、ボッタクリみたいな店もありました。
サービス料を取るだけではなく、プレイごとに料金を設定する「タケノコ剥ぎ」なんていう手法もあって、風俗慣れしていない人にはなかなか危険な遊びだった時代もあるのです。

昨今のソープ離れと言われる状態もこれが関係していると言われ、最近では入浴料とサービス料を総合した料金を掲載する店も増えています。
そんな中で、昔からこうした総額料金を提示してきたのが、「クリーンで遊びやすいソープ街」を目標に掲げていた福原ソープ街です。
福原にあるソープランドは、ほぼ全てのお店がウェブサイトなどに総額料金を公表していて、予算を立てやすいようになっています。
会員制の店を取っている店では入会費、その他キャストを指名すると指名料なども掛かりますが、こうした料金も全て記載されています。
疑問な点があればお店に直接問い合わせれば教えてくれますし、確かに遊びやすいソープ街と言えるのです。

相場的にも福原のソープランドは格安店や大衆店が主流で、15,000円~25,000円ぐらいにほとんどの店が集中しています。
昨今では増税などの影響で自由に使えるお金が少なくなった男性も多いと思いますが、これぐらいであれば無理なく遊ぶことも出来る価格設定です。
もっと奮発して遊びたいという方には、50,000円を超える高級ソープと呼ばれるお店もありますから、そちらを利用出来ます。
自身の予算に合わせて色々なお店から選べるというのも、福原ソープ街の良さなのです。

遊びやすさに定評のある福原ソープは、ソープ慣れしていない初心者の方にもオススメです。
ソープデビューには、ぜひ福原のソープランドを利用してみましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑