男性が思うソープ嬢の認識と実際のソープ嬢の認識の食い違い

公開日: 

外から見る景色と内側から見る景色は違うというのはよくあることで、様々な業界の内と外では見え方が違います。
ソープランド業界でもそれは同じで、例えば男性からすれば「ソープ嬢というのは楽に超高収入を得ている」と思っていますが、ソープ嬢からすれば「そんな事は絶対に無い!」と大きな声で言いたいでしょう。
そこで、今回はそんな認識の違いについて少し取り上げてみましょう。

◆ 何故男性はソープ嬢が楽に稼いでいると思うのか?

まず、認識の食い違いの前提がどうして起こるのかというと、男性は「お互い気持ち良くなってるのに女だけお金をもらうのはおかしい」と考えている方が多いからです。
実はこうした考え方を暗に持っている方は多く、その勘違いが認識の食い違いを生んでいるのです。

そもそも男性にとってソープランドのプレイは気持ち良いものかもしれませんが、それがソープ嬢も同じであるかというとそうではありません。
男性は気持ち良くなりたいからソープランドへ遊びに来ていて、自分好みの女性と遊べるわけですから気持ち良くなれるかもしれませんが、ソープ嬢からすれば知らない男性から特別上手でもない前戯などをされるわけですから、気持ち良くなれるはずもありません。

プレイ後に「気持ち良かった」なんてソープ嬢に言われても、そのほとんどはリップサービスであり、実際はそうではないのです。
あくまで接待する側とされる側であり、ソープ嬢は男性を喜ばせるために努力しているというわけです。

◆ ソープ嬢は人気になるととんでもなく忙しい

次に、ソープ嬢が超高収入と思われていますが、収入が高くなるということは=忙しいということです。
ソープ嬢は歩合制なので、接客した数だけ給料が発生します。
稼いでいる嬢はそれだけ接客しているわけですから、1日5人も6人も男性を相手にしているソープ嬢は、食事を摂る暇も無かったりするのです。

格安店の人気嬢などはとにかく回転数が多く、1日7~8人相手にすることもあります。
60分コースだとしても接客だけで7時間~8時間、男性に奉仕するために動くわけですから、超がつくほどの肉体労働です。
さらには接客なので常にお客さんに気を遣い続けるため精神的にも疲れます。

また、接客と接客の間は10分程度しかなかったりしますので、その間にお風呂掃除や消耗品の補充、ベッドメイクやヘアセット、メイク直しなど様々な事をやらなくてはいけません。
当然、食事どころか満足に休憩も取れないような状況ですので、その実態は男性が考えているよりはるかに過酷です。

お客さんとして男性がソープ嬢に接する時、ソープ嬢はいつも笑顔で出迎えてくれるのでこうした勘違いをしがちです。
男性が高収入を得るのが大変なように、ソープ嬢も高収入を得るのはとても大変な苦労をしていることを覚えておきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑