福原で良質のマットプレイが楽しめるお店

公開日: 

マットプレイと言えば、ソープランドの醍醐味プレイの一つであり、昭和の時代からソープランドを支えてきたプレイです。
しかしながら、最近ではマットプレイをしないお店も増えているうえ、まともにマットプレイをしたことがなく、マットの技術を持たないソープ嬢も増えています。
そこで、長い歴史を持つ福原ソープ街におけるマットプレイについて取り上げてみます。

福原ソープでもマットプレイは消える傾向にある

福原ソープでは、近年短時間かつ低価格で遊べるカジュアルソープというのが台頭しており、ロングコースでもマットプレイが出来ないお店が増えています。
そして、そこで働いてきたソープ嬢もマットの経験が無いということで、他のお店に移籍してもマットNGになっていたりします。
そのため、マットプレイ自体が徐々に失われつつあるようになり、昔ほどどの店でもマットプレイが楽しめるという状況ではなくなりました。

しかしながら、まだまだマットプレイに力を入れているお店、ちゃんと昔の技術を継承しているお店というのも残っていますから、そういったお店を選べば最上級のマットプレイを楽しめます。
そういったお店は他の部分でもちゃんとしていることが多いので、マットプレイが目当てでなかったとしても失敗しないソープ遊びが楽しめるでしょう。

良質マットが楽しめるおすすめのお店

福原ソープで良質のマットプレイが楽しみたいのであれば、それなりのお店に行く必要があります。
マットが無いカジュアルソープは低価格が売りですが、逆に高額になればマットも基本プレイの一つとして組み込まれていますので、最高級のマットプレイが楽しめるというわけです。
高級店は講習もしっかりしているので、最低限のレベルは保たれていると考えて問題ありません。
『ボンジュール』、『アジト』、『キング&クイーン』などは比較的評判も良く、適していると言えるでしょう。

ただし、マットプレイというのは講習も大事ではありますが、嬢による個人差がとても大きいプレイです。
上記の高級店でも得意な嬢とそうでない嬢には大きな差がありますし、それこそ下の価格帯でも得意な嬢は高級店顔負けのマットプレイをしてくれることがあります。
そういったことも考えれば、お店を重視するよりも嬢個人を重視する方が良いマットプレイに巡り合うチャンスは多くなるかもしれません。

上手いマットプレイが出来る嬢は、話題にもなりやすいので比較的情報が出やすいです。
合う合わないがありますので一概にその情報が正しいとは言えませんが、そういった情報も参考にして、自分にとっての最高のマットプレイを探してみるのも面白いのではないでしょうか。

男性が思うソープ嬢の認識と実際のソープ嬢の認識の食い違い

公開日: 

外から見る景色と内側から見る景色は違うというのはよくあることで、様々な業界の内と外では見え方が違います。
ソープランド業界でもそれは同じで、例えば男性からすれば「ソープ嬢というのは楽に超高収入を得ている」と思っていますが、ソープ嬢からすれば「そんな事は絶対に無い!」と大きな声で言いたいでしょう。
そこで、今回はそんな認識の違いについて少し取り上げてみましょう。

◆ 何故男性はソープ嬢が楽に稼いでいると思うのか?

まず、認識の食い違いの前提がどうして起こるのかというと、男性は「お互い気持ち良くなってるのに女だけお金をもらうのはおかしい」と考えている方が多いからです。
実はこうした考え方を暗に持っている方は多く、その勘違いが認識の食い違いを生んでいるのです。

そもそも男性にとってソープランドのプレイは気持ち良いものかもしれませんが、それがソープ嬢も同じであるかというとそうではありません。
男性は気持ち良くなりたいからソープランドへ遊びに来ていて、自分好みの女性と遊べるわけですから気持ち良くなれるかもしれませんが、ソープ嬢からすれば知らない男性から特別上手でもない前戯などをされるわけですから、気持ち良くなれるはずもありません。

プレイ後に「気持ち良かった」なんてソープ嬢に言われても、そのほとんどはリップサービスであり、実際はそうではないのです。
あくまで接待する側とされる側であり、ソープ嬢は男性を喜ばせるために努力しているというわけです。

◆ ソープ嬢は人気になるととんでもなく忙しい

次に、ソープ嬢が超高収入と思われていますが、収入が高くなるということは=忙しいということです。
ソープ嬢は歩合制なので、接客した数だけ給料が発生します。
稼いでいる嬢はそれだけ接客しているわけですから、1日5人も6人も男性を相手にしているソープ嬢は、食事を摂る暇も無かったりするのです。

格安店の人気嬢などはとにかく回転数が多く、1日7~8人相手にすることもあります。
60分コースだとしても接客だけで7時間~8時間、男性に奉仕するために動くわけですから、超がつくほどの肉体労働です。
さらには接客なので常にお客さんに気を遣い続けるため精神的にも疲れます。

また、接客と接客の間は10分程度しかなかったりしますので、その間にお風呂掃除や消耗品の補充、ベッドメイクやヘアセット、メイク直しなど様々な事をやらなくてはいけません。
当然、食事どころか満足に休憩も取れないような状況ですので、その実態は男性が考えているよりはるかに過酷です。

お客さんとして男性がソープ嬢に接する時、ソープ嬢はいつも笑顔で出迎えてくれるのでこうした勘違いをしがちです。
男性が高収入を得るのが大変なように、ソープ嬢も高収入を得るのはとても大変な苦労をしていることを覚えておきましょう。

1 2 3 4 5 11
PAGE TOP ↑